二級土木施工管理技士 実地試験】 8日間 合格レベル

二級土木施工管理技士【実地試験】を8日間で合格レベルに

二級土木施工管理技士試験は
1年に1回の国家資格、合格したいですね。

 

最近の二級土木施工管理技士試験は
難しいので有名です。
なにせ合格率20%!!

 

学科試験は60%の合格率ですが、
実地に至っては20%。

 

学科で受かっても実地で不合格なら
晴れて「二級土木施工管理技士」とは
なれないのですから、

 

2割の人しか合格しない難関試験なのです。

 

 

で、受験生を悩ます根源である「実地試験」。

 

とりわけ「経験記述」というのは、
いわば論文なんです。

 

これが合否の分かれ目になると
言っても過言ではありません。

 

 

文章書くの得意ですか?

 

学校で感想文や作文を書くのが
得意だった人なら問題ないですが、

 

二級土木施工管理技士になろうという人は、
どちらかというと【理系】ですよね?
文系は少ないはずです。

 

 

だから合格率下がるんですね。

 

「安全管理や環境対策、
工程管理などについて自分の行った対策を書け」

 

なんて言われても、
急には書けません。練習が必要です。

 

 

もともと文章が苦手な人が、
決められた文字数で書くこと自体、
至難の業なので、
何から書いていいか1行目の出だしからつまづきます。

 

 

制限時間も迫ってくる中、
文章自体が支離滅裂になり
採点する人が2行読んだだけで離脱するような
ひどい「経験記述」になってしまいます。

 

 

これではいくら他の項目が満点であっても合格できません。

 

”経験記述”に限らず、文章というものは
【最初の出だし】で大勢が決まってしまうものです。

 

 

採点するのが機械ではなく人間なのですから
”読み手に読ませる文章”でなければなりません。

 

最初の出だしの2行の書き方で印象が大きく変わります。
その2行の書き方を教えてくれるのがコチラ↓

 

8日間で合格レベルに引き上げる!
★★2級土木施工管理技士経験記述速習講座★★
毎年、多くの人が乗り越えられない壁「経験記述」
わずか8%の人しか知らない、5つの受験テクニック

 

【特典】ついてます!

 

 

第5章にある応用編で、
具体的に1行目から2行目はどのような
書き方をするのか、そしてそれ以降の
経験記述の流れはどのように
すれば良いのかが解ります。

 

”記述試験が苦手で苦労している人へ
【出だし2行の書き方を知る】
それだけでもこの教材には”価値”があります。

 

 

『民法を制するものは宅建を制する』と言われる
”宅建における民法”と同じように、
『実地を制するものは二級土木を制する』のです。

 

 

合格率20%の難関、”実地”を制して、
晴れて【主任技術者】になる資格を獲りましょう!

 

 

これで胸を張って仕事が出来ますね!

 

 

8日間で合格レベルに引き上げる!
★★2級土木施工管理技士経験記述速習講座★★
毎年、多くの人が乗り越えられない壁「経験記述」
わずか8%の人しか知らない、5つの受験テクニック

 

 

【特典】ついてます!

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る